聖ホセマリア記念ミサ(2015年6月27日)

他のニュース
聖ホセマリア記念ミサ(2015年6月27日)

カトリック夙川教会(大阪教区)で先日6月27日に、聖ホセマリア記念ミサが捧げられました。今年は帰天40周年にあたります。ミサの模様を写真集とビデオでご覧いただけます。(ダイジェスト版、5m)(全体、1h)

愛のために働く

愛のために働く

フランシスコ教皇の新しい回勅『ラウダート・シ』(「主を賛美せよ」の意)の呼びかけに応え、オプス・デイ属人区長は、40周年を迎える聖ホセマリアの記念日に関する書簡を発表しました。

徳の涵養による性格形成

信仰を知る
徳の涵養による性格形成

キリスト教的な意味で成熟した人とは、自分の人生を自分で作り上げるため、神に何がまだ足らないかを心から尋ねる人のことです。そのときから、闘いは始まります。自分の努力で、そして主の助けを受けながら、徳を獲得するのです。

ハビエル・エチェバリーア司教はファチマのマリア様が現われた場所にあるチャペルで祈りを捧げます。(2015年3月20日)

ハビエル・エチェバリーア司教はファチマのマリア様が現われた場所にあるチャペルで祈りを捧げます。(2015年3月20日)

3月20日、属人区長はファチマを訪れて、祈りの後にロウソク三本をマリア様に捧げました。そのロウソクには、"obrigado"「ありがとう」, "perdão"「お赦しください」, "ajuda-me"「助けてください」と刻まれています。(ビデオ3分30秒)

属人区長の書簡〔2015年6月〕

属人区長の書簡〔2015年6月〕

属人区長は、家族生活についての考察を続けています。今月は、家の物的なことや雰囲気を細やかに配慮することに注目しています。家庭では「真の観想的な会話」が可能です。

聖ホセマリア記念ミサ(2015年6月27日)

他のニュース
聖ホセマリア記念ミサ(2015年6月27日)

カトリック夙川教会(大阪教区)で先日6月27日に、聖ホセマリア記念ミサが捧げられました。今年は帰天40周年にあたります。ミサの模様を写真集とビデオでご覧いただけます。(ダイジェスト版、5m)(全体、1h)

ソフィーの証言

証言
ソフィーの証言

ソフィは25歳で結婚して間もなく、夫が事故に遭い、重い障害を負いました。「あなたは若い、別れるなら、今ですよ!」とソーシャルワーカーに言われましたが、残りました。

慎ましさを育てる(1) 少年期

信仰を知る
慎ましさを育てる(1) 少年期

人は、自己の内面をより深く知るに従って、慎ましさの感覚に目覚めて行くものです。自分自身を大切にする心(自己に対する尊敬)は、まず、家庭において学ぶものです。この記事が勧める事柄。

属人区長の書簡

属人区長の書簡〔2015年6月〕

属人区長は、家族生活についての考察を続けています。今月は、家の物的なことや雰囲気を細やかに配慮することに注目しています。家庭では「真の観想的な会話」が可能です。

 愛する皆さん、イエスが私の子供たちをお守りくださいますように!

 多くの『素晴らしいこと』がしたためられた皆さんの便りを受け取りました。皆さんが話してくれる巡礼に、日々私も加わっています。具体的に語ってくれる事柄を読みながら私たちの母でもある神の御母を訪ねる皆さんに同伴しています。

 大きな喜びのうちに、神と聖母に対する感謝を込めて、五大陸で、福者アルバロ・デル・ポルティーリョの祝日を典礼上初めて祝いました。そして近々、世界中の数知れない人が心一つに聖ホセマリアの祝日を祝います。創立者が神の光栄の内に招かれたあの1975年6月26日から40年が過ぎました。あれから、何と多くの善がもたらされたことでしょう。それは、創立者の「天国からもっと皆を助けましょう」と言う言葉が実現されたのです。

 もたらされた善の中でも、オプス・デイが始まった時から存在し、今では一人ひとりの心に刻み込まれている一つのことを熟考したいと思います。それは、教会の懐の中で大人数のこの「小さな家族」の家庭の雰囲気を広めることです。家族のためのマリア年に家族制度のためにもっと祈るということは、イエス、マリア、ヨセフの聖家族の雰囲気を反映する輝かしいものなのです。家庭固有の姿を考えるよう招いています。愛する創立者は、オプス・デイのセンターや全てのキリスト信者の家庭はこの家族に属しているのだとおっしゃっていました。

 主が私たちをお選びになったのは、神の愛と仕える喜びを広めるためであり、また、特に個々人の家庭内であるいは仕事場で主に出会うよう努めるためです。ですからそこでこそ、来る日も来る日も多くの感謝が心から溢れ出るべきなのです。神と他の人のために、家の物的なことや雰囲気を細やかに配慮する努力は、真の観想的な会話になります。これらの些細なことを洗練するよう努めるとき、教会とオプス・デイ、そして各家庭は築かれていくのです。

 聖ホセマリアの一生は、私たちがいつもナザレの聖家族の雰囲気を広めなければならないことを優しく教えてくれます。様々なことに対処するときの創立者の態度に倣いましょう。神は、創立者が、キリスト信者としての生き方や喜んで人々に仕えるための心遣いを、両親と兄弟たちとの生活の中で身に着けるようお望みになりました。最初にキリスト者としての振る舞い方を教えたのは「私たちの祖父母」(聖ホセマリアのご両親:ホセ・エスクリバーとドローレス・アルバース)でした。これは、子供が青少年時代に人格を、感情的にならずに調和よくキリスト教的に育んでいくための大切な基盤です。

 神がオプス ...