平和の聖マリア教会の「いつくしみの扉」

属人区長
平和の聖マリア教会の「いつくしみの扉」

オプス・デイ属人区の属人区長教会・平和の聖マリア教会(ローマ)では、特別聖年にあたり、「聖なる扉」が開かれました。この聖なる扉を通って「入る人はだれであれ、慰めとゆるしと希望を与える神の愛を経験することができるでしょう」(教皇フランシスコ)。).

属人区長の手紙 [2016年9月]

属人区長の手紙 [2016年9月]

ハビエル・エチェバリア師は、十字架について考察し、苦しみの道を歩む病気の方々と高齢者に付き添うことは、神に栄光を帰す慈しみの業であることを思い出させます。

家庭は成長の場(1)

人格形成
家庭は成長の場(1)

ひとりとして偶然に生まれてくる人はいない。一人ひとりは大きな価値を持つ存在だ。人格の調和のある成長のために、子供が最初の瞬間から家族の中で愛されていると自覚することは決定的である。

聖ホセマリアの本、デジタル版

他のニュース
聖ホセマリアの本、デジタル版

聖ホセマリアの著作の Kindle版ができました。『道』、『鍛』、『神の朋友』、『十字架の道行』、『聖なるロザリオ』、『教会を愛する』の改訂版がアップされています。

属人区長の書簡

属人区長の手紙 [2016年9月]

ハビエル・エチェバリア師は、十字架について考察し、苦しみの道を歩む病気の方々と高齢者に付き添うことは、神に栄光を帰す慈しみの業であることを思い出させます。

愛する皆さん、イエスが私の子どもたちをお守りくださいますように!

9月になりました。母であり師である教会は、贖いの功徳をより深く自分のものにするよう招きます。14日の十字架の称賛の祝日は、主が世の救いのために命を捧げられた聖なる木が、勝利と栄光の玉座であることを思い起こさせます。「わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう」[1]。翌日には、十字架のもとに佇まれる聖母の記念日で、新たなアダムであるキリストに一致した新たなエバ・聖母が、人類の救いに全面的に協力したことを強く印象づけます。信仰を持って十字架を仰ぐと、「聖金曜日に、世についての神の審判を表す刑罰の道具が、命とゆるし、いつくしみの源泉となり、和解と平和のしるしになったこと」[2] が分かります。

 これらの典礼上の祝日は、日々の歩みに現れる苦しみの神秘への応え方についても問いかけています。それはそうとして、時には人間は、自分が満足したり喜んだりすることができたら「成功」と言い、反対されたり、望み通りにいかなかったり、身体的精神的な苦しみを伴ったりすると「失敗」と言います。この誤った論理を乗り越えるよう努めましょう。聖ホセマリアが書いたように「成功とか失敗とかは内的生活にあるもの」だからです。「成功とはイエス・キリストの十字架を諸手で、落ち着いて受け入れることにあります。というのも、イエスと同じように私たちにとっても十字架は玉座であり、愛を称賛することだからです。また、一市民として付き合い、友情、仕事、言葉、教理、祈りと犠牲によって神に近づかせ、贖いの実りに与らせる最高のものだからです」[3]

 残念なことに、様々な環境の中で十字架からの逃避が見られますが、教皇様の次の言葉で自問してみましょう。「洗礼によって始まったキリスト信者としての道はどうなっているか、落ち着いているか(…)。私は、世俗的ではかない好きなことに留まっていないか、それとも、常に、キリストの山上の説教や慈善活動を実行しつつ前進しているか。イエスの道は慰めと栄光に満ちていますが、同時に十字架もあります。いつも平和な心で過ごしましょう」[4]

 このいつくしみの聖年の間 ...