人生の主役

信仰を知る
人生の主役

反射的にする反応について、なぜそういう反応をするのかを説明するとき、「私はそういう人間だから」と説明するより、「私はこのように自分を作り上げたから」と言うべきである場合が多い。キリスト信者の人格鍛錬についての記事

ハビエル・エチェバリーア司教はファチマのマリア様が現われた場所にあるチャペルで祈りを捧げます。(2015年3月20日)

ハビエル・エチェバリーア司教はファチマのマリア様が現われた場所にあるチャペルで祈りを捧げます。(2015年3月20日)

3月20日、属人区長はファチマを訪れて、祈りの後にロウソク三本をマリア様に捧げました。そのロウソクには、"obrigado"「ありがとう」, "perdão"「お赦しください」, "ajuda-me"「助けてください」と刻まれています。(ビデオ3分30秒)

キリストのような人格

信仰を知る
キリストのような人格

人格形成とキリスト教的な成熟に関する一連の記事を提供します。人格は日常生活にどのような影響を与えるか?人は変わることができるでしょうか?恩恵はどんな役割を果たしますか?

慎ましさを育てる(1) 少年期

信仰を知る
慎ましさを育てる(1) 少年期

人は、自己の内面をより深く知るに従って、慎ましさの感覚に目覚めて行くものです。自分自身を大切にする心(自己に対する尊敬)は、まず、家庭において学ぶものです。この記事が勧める事柄。

ソフィーの証言

証言
ソフィーの証言

ソフィは25歳で結婚して間もなく、夫が事故に遭い、重い障害を負いました。「あなたは若い、別れるなら、今ですよ!」とソーシャルワーカーに言われましたが、残りました。

属人区長の書簡

属人区長の手紙(2015年4月)

属人区長は、家族のための「マリア年」に関して、書簡に、子どもの教育における両親の掛け替えのない役割について書いています。

 愛する皆さん、イエスが私の娘たちと息子たちをお守りくださいますように!

 聖週間の只中にいます。聖母により頼み、聖母に捧げられたこのマリア年に祝う過越しの三日間を、一人ひとりが生き生きとした望みをもって、主のご受難、ご死去とご復活の場面により深く入り込むことができますように。

 去る3月28日は、聖ホセマリアの司祭叙階90周年の記念日でした。明日の聖木曜日の典礼は、エルサレムの高間での晩餐におけるご聖体と司祭職の制定を力強く思い起こさせます。その後、復活徹夜祭では、罪と死に打ち勝ったイエス・キリストの勝利を告げます。主において、―洗礼を通して―私たちは主の死と復活に与ることになりました。

 教会はキリスト教入門の秘跡―洗礼、堅信、聖体―を復活徹夜祭の間に授けます。私たちは通常、これらの秘跡を幼児期に受けます。それは、始まりが確定できないほど大昔から福音の教えに基づいて行われていたことです。そして、この栄光の徹夜祭には、受洗の時、私たちに代わって両親や代父母、あるいは本人が、約束したことを更新するよう勧めます。

 マリア年の歩みの中で提示している指針に基づいて、今、キリスト者としての歩みにおけるこれらの秘跡の重要性について考察することをお勧めします。そうすることによって、神の豊かさに与ることを可能にする、これらの救いの秘儀を、日々、至聖三位一体に感謝することができるようになるでしょう。

 皆、各人の状況に最適な方法で家庭の福音化を手伝うことができるし、また、しなければなりません。―公立にしろ、私立にしろ―学校で働いている人に思いを馳せています。保護者や授業に出席する多くの若い男女、教師や教育的な共同責任者たちと直接係わっている皆さんに思い起こしてもらいたいと思います。皆さんの仕事で何より重要なことは、生徒たちに将来の準備をさせるため幾らかの知識を伝えることだけで満足することなく、-すでに実行していることは分かっていますが-子供たちや青少年たちの全面的な-様々な側面で-人間的、霊的、宗教的-形成を心掛けることです。これがキリスト教教育に固有なことです。

 第一に両親の役目が重要ですが、ある意味で兄弟や祖父母など家族全員にも関わることです。両親、あるいはそれに代わる人が、子供の教育の第一の責任者です。家族の様々な構成員に言及して教皇様が述べていらっしゃいます。「子供や青少年の皆さんは、家族という木の果実です。木の根 ...